【ネタバレ感想】こだま著「夫のちんぽが入らない」

あらすじ

“夫のちんぽが入らない”衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。
(中略)

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

引用元:amazon 内容紹介より抜粋

ネタバレ感想


タイトルのちんぽに惹かれて思わず購入しました。
どんな面白ちんぽ話が飛び出すのかと思ったら予想と違って電車の中で読みながら泣いてしまった1冊です。

※以下、ネタバレありの感想です。

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。
本気で言っている。交際期間も含めて二十年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。

周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。

-「夫のちんぽが入らない」3Pより抜粋-

この衝撃的な冒頭から始まる実話を元にしたエッセイ。

大学進学でド田舎から出てきた「私」が
同じアパートで出会った青年と交際を始めますが、
ここから「ちんぽが入らない」問題が幕を開けます。

そしてなんやかんやあって、二人は結婚。
ジョンソンベビーオイルやメロンの香りがするローション(通称:メロン液)を使って挿入を試みるも、それでもちんぽは入らない。

気持ちとかの問題ではなく、物理的に入らない

悲劇はそれだけではなく、教諭として勤める小学校の学級崩壊や、夫のパニック障害、母親との確執…etc。

もうなんか色々ひっくるめて傷だらけの二十年の物語、というお話でした。

そこまでちんぽベースの話ではない

タイトルから入るとちんぽ一色な物語かと思いがちですが、どちらかというと著者であるこだまさんの二十年の人生の告白、といってもいいような気がします。

読むかぎり毒親をお持ちのようで、
特に母親が出てくるシーンや発言は読んでいて凄く辛かったです。

母親や、無神経な発言を憎むというよりは「こんな私が悪い」みたいな感じが多くて、もうなんか胸が痛い…。

あとは「私」がブログを通じて出会う、山に性的興奮を覚えるアリハラさんがキチ○イすぎて、なかなか面白かったです。

ちんぽが入らなかった原因は?

結局、ちんぽが入らなかった原因は

夫が巨根だったから

ということでいいのでしょうか…。

彼は今までつきあっていた相手や風俗の人には問題なく入った」とありましたが、「私」の方も他の人とするときは普通に入るとのことだったので、結局原因はハッキリとは書かれていませんでした。

ただ、彼のちんぽはかなり大きいらしく、

行きつけの風俗嬢に付けられたあだ名は「キング」だった。

-夫のちんぽが入らない 38Pより抜粋-

とあったので、まあ、大きい方なんでしょう…

amazonのレビューにも書かれていましたが
ちんぽが入らない原因はよくわかりません。

というか、Googleのサジェストに
夫のちんぽが入らない なぜ“とサジェストされることに笑いました。

病院に行ったりするわけでもなく、
最後の最後まで入らずに終わってしまうので、もしかしたらモヤモヤする方もいるのかもしれません。

まあ、それぞれの人生の選択があるよね!

ざっくりまとめるのそんな感じのお話です(語彙力)

幸せなんて刷り込みだ」と私の友人が言っていたことをよく覚えています。

誰かが作った「幸せ」のテンプレートはとてもわかりやすいけど、そこにはまる必要はないんじゃないかと。

いっぱい苦しんで悩んで選んだ選択肢を私は否定したくない、そんな思いも込められた作品だったのかなと思います。

賛否両論ありますが一つのドキュメンタリーを見終えたような、心がきゅっと締め付けられるような気持ちに私はなりました。

読んでよかったなと思います。

まとめ

夜中にさくっと読むほどライトでもないですが
文章はかなり読みやすく思わず一気よみしてしまいました。

決してポジティブな話ではないけど、
一度は手に取ってほしい作品だなと思います。

電子書籍で読む

ここまで読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です